清子さま

清子さま、美智子さまに一般常識を教えてもらえず「土足がマナー」と勘違い

覚えているだろうか。美智子さまと清子さまが親子水入らずの母子旅行に行かれた際の出来事のことを。敢えてこのように言わせてもらう。「我々、日本人からしたら考えられないマナー」であると。

欧米ルールを取り入れ過ぎたか

美智子さまと言えば、被災地に訪問する際にも周りの職員はスリッパを履いているにも関わらず、ズカズカと土足で踏み入ることは有名な話し。一部の職員からは「土足の美智子さま」とあだ名を付けらえるほどだ。美智子さまはとにかく欧米の風習の真似事をするのが好きで、この土足で部屋に入るのもその影響の1つ。

そんな美智子さまを母に持った清子さまも、当然幼少期から様々な場面で欧米ルールをまるで日本のルールのように教わってきた。まだ幼い女の子なのだから、母親に言われたことに何の疑問も持つことなく従ってきたのだろう。小学生に上がり、日本では室内に入る際には靴を脱ぐことを友人に教わった際にはカルチャーショックを受けたそうだ。

 




靴を脱ぐタイミングは寝るときだけ

しかし土足禁止のルールは美智子さまには通じない。言ったところで余計な口論になるのは目に見えていたのだろう。美智子さまと清子さま2人で京都に母子旅行に行かれた際には、本来は靴を脱ぐべき場所でも、清子さまは美智子さまに合わせていたと言う。「そのときに清子さまの申し訳なさそうな表情は今でも忘れません。」と当時のお付きの職員は話す。

22392. 匿名 2019/11/18(月) 09:50:42  [通報]

>>20579
「京都御所の廊下」だけではなく、大正天皇、昭和天皇が即位の礼を行った紫宸殿(今回なら、高御座の台座を備え付けて、皇族が横に控えていた行う儀式)をした「松の間」に該当)も靴を脱がず、土足でした。

さーやとふたりで母娘旅行の時

 

22395. 匿名 2019/11/18(月) 09:57:01  [通報]

>>22392
そう!そう!そうなんですよ!
この感覚は日本人には理解出来ません!
紫宸殿ですよ⁉️😳

※この記事は他ニュースサイト、個人ブログ、ガールズちゃんねる等からの引用抜粋です。