愛子さま

愛子天皇だ悠仁天皇だと言い合わずとも、「資質」を見ればどちらが適任かは一目瞭然

女性男性に拘る前に、天皇としての「資質」を見るのが最優先。国民の声を汲み取ってほしい。本当は安倍さんも分かってますよね?時期天皇の適任者がどちらかなんて?

 

「愛子天皇」議論を先送りにしたい安倍政権の本音

9月半ばに内閣改造を控える安倍政権にとって、皇位継承の安定のための議論が急務だ。そんななか、政府高官の口をついて出た安倍首相の本音に、宮内庁関係者が気を揉んでいる。

「お盆明けのことです。ある政府高官が“立皇嗣の礼がある来年4月まで、女系天皇に関する議論は避けたい。とにかく時間をかけねばならない”と周囲に漏らしたのです。これが宮内庁関係者のあいだで話題に上っていまして」

この言葉がどのような話題となっているのか。

「立皇嗣の礼とは、秋篠宮さまが次の皇位を継承する皇嗣であることを示す国事行為です。来年4月までに議論が進み、女性・女系天皇を容認するようなことになれば、愛子さまが皇位継承順位1位となられる。それは避けるべきだという言い分ですが、発言の主とされる杉田和博官房副長官は“時間をかけなければならない”と繰り返しています。この点が、“やはり、うまく時間稼ぎをしたいというのが安倍政権の本音なんじゃないか”と波紋を呼んでいるのです」

では、政権の本音とはいかなるものか。

先延ばし
先の記者が続ける。

「各社の世論調査では“女性天皇”への賛成が約8割となっているにもかかわらず、安倍政権の動きは鈍い。7月末に読売新聞が報じた、“現在の皇位継承順位の維持を明確にしたうえで、具体的な安定継承策や皇族数の減少対策を検討する”との政府方針にも、安倍政権の意向が透けて見えます。先送りと批判されないように、菅官房長官などはオフレコで、“秋からやるよ”と、11月の大嘗祭以降の議論開始に触れていました」

政府高官はそのさらなる先延ばしを示唆したともとれるわけだが、当の杉田官房副長官に真意を訊ねても、「微妙な問題なのでコメントできない。あしからず」。ならば、と安倍首相のブレーンの八木秀次・麗澤大教授に聞くと、

「小泉政権で女性・女系天皇を、民主党の野田政権では女性宮家を検討し、女系天皇への道を開こうとしました。2回とも次の安倍政権で白紙に戻しています。野田政権時、安倍首相は男系男子による皇位継承の維持を主張する論文を月刊誌『文藝春秋』に寄稿しましたが、いまもその考えは1ミリも変わっていませんよ」

「小泉政権で女性・女系天皇を認めるとした報告書をまとめたとき、安倍首相は官房長官でした。その経緯を考えれば現在の意向だけを押し通すのは難しいでしょうし、首相になったら、がらっと意見を変えるというのもおかしな話です」

と首を傾げる。皇室ジャーナリストの山下晋司氏は、議論は急ぐべしという意見。

“愛子天皇”の可能性の可否をはっきりさせないことには、愛子さまもおつらいだろう。

引用:週刊新潮

有識者の反応

  • このままでは秋篠宮系に皇統が移ってしまいます。
    上皇、天皇と続く愛子さまにこそ次の天皇になっていただきたい!
    男子もごもっともだが今の宮家を見てると嫌気がする。
    責任を果たしてこその自由であることを自覚するべきだ!

 

  • もし、この内容が阿部さんの本音だとしたら、阿部政権は今すぐ解散してもらいたい。
    自分の時代に 面倒な事は嫌だとのお考えに感じた。
    小泉さん、野田さんは我が身の保身より、これからの皇室の外交の重要性を議論されてきたのだと思う。
    平成から令和になるという、重大皇室行事に関心を持つ中、この4ヶ月で皇室外交は国内だけでなく、国外と日本を繋ぐ 大切な役割を担っている事を今天皇両陛下を拝見して、気づかされました。

 

  • 天皇はお飾りなんかではありません。
    先延ばしにすればするほど、秋篠宮家の批判は膨らむと思います。それは、秋篠宮殿下を敬愛できない、悠仁様では不安。と言う心が騒めくからです。
    今天皇両陛下は、4か月で国民の心を掴みました。
    皇太子時代からの繋がりももちろんあります。

 

  • 敬愛できる天皇両陛下がお育てになられた愛子様に
    皇太子妃になっていただき、今後の日本と世界を繋ぐ皇室外交をと強く望みます。

 

  • 秋篠宮家には任せられないでしょう。愛子さまでお願いします。

 

  • どう見たって秋篠宮、悠仁には天皇は無理。
    秋篠宮一家は皇族にふさわしくない人達ばかりです。
    敬宮様に天皇になっていただくのが一番自然で
    国民も納得するのではないでしょうか?

 

  • 愛子様天皇…日本の女性天皇も将来は有りかもしれませんね。
    男性ではないとならない決まりは全ての意味で反する気がします。

 

  • 愛子様でなければ国民は納得しないでしょう

 

  • 秋篠宮家のどこを敬えばいいのか
    教えて欲しい

 

  • 敬宮愛子様が天皇になられますように!

 

  • 政治家は先送り、先送り、  挙句天皇陛下に決めてもらいたいかのような記事。できないことがわかっているのに・・
    安倍政権は民意を無視することが得意ですが、8割の民意を無視してはいけないと思う。
    現行では皇位継承は難しくなっており、また世界的な流れからも女性天皇を認めないとと思う。
    しかし女性宮家は慎重であってほしいです。眞子さまのような問題が起きるからです。

 

  • 秋家では天皇は無理です。資質が無くわがままで贅沢三昧な生活ぶりでは、多くの国民から非難され続けます。
    また、小室圭に三年間の留学費用や生活費を出して、支えていますが、小室佳代の借金問題も解決されていません。

 

  • 安倍自民党男系男子支持者も秋篠宮夫婦と心中するのですか。
    8割の国民は、愛子天皇を支持しています。
    国民投票して可否を決するべきです。
    今のままでは、多くの国民の怒りをかいます。

 

  • 一番辛いのは、令和の次の時代も生きる国民です。
    愛子天皇じゃなきゃ嫌です。

 

  • 皇族数の現少対策を考えるなら、愛子天皇を一番に考えるべきだろう!
    秋篠の宮家から天皇を絶対出してはならない。

 

  • 男か女かよりも、資質を考慮してほしい。国民の大半から嫌われる人が、国民の象徴になれるはずもない。伝統はもちろん大事だと思うし、出来ればこれまで通り男系男子で継承してほしかった。でも、秋篠宮家があまりに酷すぎるから…だから、こんな世論になっているということを重く受け止めていただきたい。

 

  • 愛子様は両陛下から被災地、戦争、そのほか色々話を聞き教育を受けているようです。また段々と皇族としての品格も身につけられ、私個人としては将来の天皇になって頂きたいと思います。早く話を前に進めないと時間がありません。悠仁様は見たところまだ13才とはいえ天皇になる自覚もそういう教育も受けてないようで✕でしょう。

 

  • 安倍さんが、そういう気持ちなら今度選挙があったら、私は自民党よりも女性天皇を実現してくれそうな党を支持する。なぜ、女性天皇ではダメなの?男性でも女性でも、頭脳的にも礼儀作法なども全てにおいて優っている方々天皇になる方が良いと思います。イギリスのエリザベス女王を見てると女性の凄さをいつも感じさせられます。
※この記事は他ニュースサイト、個人ブログ、ガールズちゃんねる等からの引用抜粋です。

POSTED COMMENT

  1. 嘘は嫌いだ より:

    比べる必要もないほどに
    圧倒的に敬宮愛子様です!

    資質は100%です
    他にだれがいるのですか?

    使えない男児は候補にもならない
    後ろに腹黒一家がいるしね

    敬宮愛子様が天皇になるのが自然です
    国民も望んでいます
    反対する者は偽の日本人だけでしょう

  2. AntonTheFeline より:

    早く、国政選挙来~い。その前に、誰か女性党を作って立ち上げてください。許されるなら、愛子党でもいいです。そうしたら、必ず投票するから。愛子天皇を退けて鯰一家を擁護する党には死んでもらいます‼️党を立ち上げ、支持する議員を国会に送り込むには、資金が必要だから、インターネットで資金を調達してください。真っ先に寄付します。よろしくお願いいたします‼️

  3. 匿名 より:

    上様の長子で男系女子であらせられ、見目麗しく、頭脳明晰で品格も兼ね備えてあらせられる愛子姫様の他に次の世の上様はあらしゃりませぬ。

  4. 匿名より より:

    13歳になっても親が付き添わなければならない!
    子供を持っ親なら、解ります!
    絶対、無理な事は、13歳は普通に自分の意思で動きます。
    ちよっと遅いだけ?と言う方々がいますが、
    それは違います。
    将来、天皇と言うなら、普通じゃだめでしょう!
    付き人が、60人以上つく!
    そして、国民の目が注がれます。
    もう、両親は解っていますよね?
    無理な事は、本人の幸せを考えてあげて下さい!!
    おのずと結果が出ます!

  5. 匿名希望 より:

    血筋、血統なのなら、秋一家のDNAを調べる方が早いのでは?それをしないのなら、疑わしいことでもあらると国民は思ってしまう。素行が日本人らしくないから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です