悠仁さま

悠仁さまの「帝王学」教育に待ったの声

天皇の地位

旧帝国兼憲法でも、天皇という地位とはなるべく国政に影響力を見せないというのが史実です。特に昭和天皇は、人間宣言をし国民の心情に寄り添うという形を取っておられました。

その間、憲法の位置づけとして国家象徴として、日本人民が希求する平和を切望する事は勿論、国体について関りを持たないというのが陛下のお立場です。

かなり異質だったのが昭和天皇マッカサー会見で明らかになった、サンフランシスコ講和条約による昭和天皇の関わり方が、これまで政治的に関わりが持ってこないと思っていた我々の認識が覆った事で驚いているわけです。

 




帝王学とは

よく君主制が人民に対する抑圧的な思考が先行しますが、実はそうではありません。

取り分け、開国依頼明治から現在に至る陛下の在り方は、特に戦後はかなり変化している事が解ります。

更に中東などの王族は顕著ではないでしょうか。中東には沢山の王族がいます。その中で人民に病院を無料で提供したり、勉強をさせたりなど、王様が政治手腕を振るうつまり人民に極めて影響があるのですが、日本は旧帝国であっても承認は最終的には天皇が決めますが、政治的な判断というのはあまり介入される事をよしとしていません。これは諸外国の王族と同様に、王族の力をひけらかすような行為は宜しくないという判断からです。

 




大正天皇を振り返る

女系の問題とか色々ありましたが、日本は男性が天皇の地位を引き継いできました。これは、差別でもなんでもなく、日本の文化そのものであるのですが、特に大正天皇はあまりよく知られていない事ですが、かなり男児を産むのに苦労したと聞いています。

昭和天皇はマッカサーから今後の事で、天皇をやめて生物学者になる事を考えていたようですが、今般平成の天皇も天皇を即位されている事から、時代において王妃の在り方などもこれから変わっていくのではないかとは思います。昔と違って、一般人が王妃になるケースもありますので、ここは将来に変化が解る事だと思います。

 




 

約半世紀程度で天皇の立場が変わったりしてました。だから現在の認識と、その時の認識はまた違う筈です。ただ継承についてこれから、侍従の人が天皇家について研究をされたなかで、国民の反応とか天皇在り方を考えて行けばいいのではと思います。

 

※この記事は他ニュースサイト、個人ブログ、ガールズちゃんねる等からの引用抜粋です。

POSTED COMMENT

  1. 妖夢 より:

    鬼子が着物袴を着なさい!!と強引にきせたのかな?七五三の写真じゃないんだから、鬼子は除雪車ペアレント化してるね。除雪車ペアレントを知らない人はグーグル検索してください。意味ひどいよ!

  2. ベル より:

    だから何が言いたいのか意味不明の記事
    タイトルと関係ないじゃない

  3. かお より:

    悠仁、本人はやりたくないであろう天皇。生まれたこと自体疑問符なんだけど、可哀想な人生だろうな 多分。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です