皇室ニュース

昭和天皇「反省し足りない」 過去の記録文書見つかる

明治・大正天皇と戦前の昭和天皇の位置付けと実態

明治から昭和の終戦までの天皇陛下は、行政の最高責任者でした。しかし行政府には内閣が現在同様存在し、しかも内閣には軍部もしっかりと組み込まれている状態でした。こうした中で、昭和天皇にも様々な想いはあったでしょう。

しかし内閣は天皇をたてながらも、自分達の都合の良い方向に最終結論を出し、天皇陛下の考えをそうした方向に導くと共に、天皇陛下の権威をかさに、その結論を正当化すると言う行為が一般化していた事が、このニュースからも見て取れます。

それは戦後にあっても、天皇陛下の反省の弁を、吉田茂内閣総理大臣の反対で封じ込めたと言う事実が表しています。

 




反省をしつつも世界情勢を勘案して一定の軍事力を必要と考えた昭和天皇

今回のニュースで、昭和天皇が自衛を中心とした一定の軍事力を再度持つ必要性を感じておられた事が明確になりました。東西冷戦の中で、現在の様に整備された自衛隊がない状況下では、当然そうした想いを持たれれるも当然でしょう。一定の再軍備に向けて憲法改正の必要性を感じて居られて点も興味深い点です。

象徴天皇が、こうした想いをベースに憲法改正を誘導する事はできません。しかし昭和天皇が、このように考えられたタイミングに、GHQに与えられた憲法の一部改正をし、「押し付けられた憲法」「憲法の不戦の精神が平和を維持している」と言った空疎な議論に終止符を打っておくべきだったと思います。

 




象徴天皇となった戦後の昭和天皇の考えを発表する意味

象徴天皇と位置付けられ、政治的な発言が禁じられた天皇陛下の心の吐露を、現在になって発表する事に対しては様々な意見が出る事が考えられると思います。戦前・戦中・戦後で自分の立場が大きく変化した昭和天皇の苦悩は計り知れないと思われ、その苦悩や想いを人間天皇の姿として知る事には意味があるでしょう。

しかし、こうした事が出ると、右からも左からも様々な意見が噴出し、天皇陛下を政治利用する動きが出てくるものです。こうした政治利用はどうしても避けるべきで、その発表の仕方や一部を切り取って都合良く利用される事がない様に注意が必要と思います。

 




 

戦後象徴天皇となられた昭和天皇が、戦前・戦中の自己の責任について反省され、苦慮されていた事を改めて知る事が出来るニュースです。
GHQが策定した憲法の中で、自衛的な一定の再軍備が必要な事を、世界情勢等から感じて居られ、憲法改正について想いを吐露されている事は驚きでした。
象徴天皇であっても、こう感じられたタイミングで、憲法改正議論が進んでいればと思います。またこうした天皇の想いの吐露が政治利用されない事も願います。

※この記事は他ニュースサイト、個人ブログ、ガールズちゃんねる等からの引用抜粋です。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    祖父らが命を賭して御仕え致した上様の御言葉に、「暴走する軍部を抑えられなかった」「皇室のお金を民の為に」というものがあるなど、子々孫々に伝え聞いておりまする。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です